電動シニアカー ACSIA(アクシア) 徹底レポート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアカーのメーカー別比較

シニアカーは現在、日本で複数のメーカーで販売されています。

購入を検討している人はどこのシニアカーにするか迷うと思います。

そこでシニアカーアクシアとその他の主要メーカーのシニアカーを

色々な角度で比較してみました。

●電動シニアカー アクシアの特徴
何と言っても価格の安さと、連続走行距離の長さにあります。
他のシニアカーと比較して15万円ほど安価に購入できる点。
豪華な装備は必要としないならこちらがベスト。
249,900円


●スズキセニアカー ET4Dの特徴
368,000円という価格だけあって音声案内といった豪華な機能
があるのが特徴です。連続走行距離がアクシアより劣るのが不思議。
安全を重視するならこちらがベスト。


●ホンダ電動カート モンパル ML200の特徴
サスペンション装備や小回りが利くなど総合的に運動性能が高い
シニアカーです。ただし、連続走行距離が一番短いのが難点です。
価格は一番高い378,000円


シニアカーのスペックをもっと詳しく比較した情報は下記サイトに掲載されています。
シニアカー 通販専門店

スポンサーサイト

シニアカーに乗ったまま電車に乗るには!

「シニアカーに乗ったまま電車に乗れますか?」という疑問を持った方が多くいますので
あらためて調べてみました。


結論から言いますとシニアカーに乗ったままでも電車や駅は利用できます。
ただし、まだ利用出来る人や駅・列車に制限があるようです。


シニアカーで電車を利用したい場合は、事前に
『ハンドル形電動車いすによる鉄道利用ステッカー交付申請書』 という書類に必要事項
を記入して、各鉄道会社から認められた場合に利用できるようです。


またシニアカーに乗ったまま電車を利用することが認められた場合でも色々と条件を守る
必要があるようです。 例えば、

1. シニアカーの見やすい場所に、交付されたステッカーを貼付すること。

2. 身体障害者手帳または補装具交付決定通知書を常に携帯すること。

3. シニアカーはバリアフリーの駅で、出入口からホームまでのルートが確保された駅に
  限って利用できる。

4. シニアカーの利用は混雑する時間帯を避けること。


詳細については下記のシニアカーのサイトで具体的に詳しく紹介されています。
シニアカー アクシア専門店

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。