電動シニアカー ACSIA(アクシア) 徹底レポート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアカー(セニアカー)とは?

シニアカー(セニアカー)とは、高齢者向けに作られた三輪または四輪の一人乗りの電動車両(バッテリーカー)のことです。

運転免許は不要で、日本の道路交通法では車両ではなく歩行者扱いとなる為、車道ではなく歩道を通行しなければなりません。

自動車メーカーのスズキが、「セニアカー」という名前で発売したのが始まりで、正式名称はシニアカーになります。

福祉用具とされている為、購入に当たって消費税は課税されません。

また、介護保険のレンタル対象品目にも該当しています。市区町村から「要介護」「要支援」の判定を受けた場合は介護保険が適用されます。
※お住まいの市区町村により異なります。


<主な基準>
車体の大きさ:長さ120cm、幅70cm、高さ109cm以下
車体の構造:電動機(モーター)を用いること
速度:時速6km以下

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。